墓石のサイズの選び方

墓石の豆知識

墓石のサイズの決め方の謎

墓石のサイズは石碑(一番上の石)の幅できまります。
霊園できまっている場合を除いてはほとんど石材業者のすすめで決まる事が多いです。
墓石のサイズは「寸」または「尺で」表します。
一寸は3.03センチ、一尺は30.3センチです。
一番小さい「分」は0.303センチですがあまり使われることはありません。
標準的なサイズは8寸(約24センチ)です。
石碑の大きさの判断基準としては、隣接する墓石の石碑の大きさや形あるいは石の種類などを参考に決めます。
霊園によっては石碑の大きさに制限があるところもあり、あまり大きい石碑や特殊な形のものは敬遠される場合があるので要注意です。
また新規オープンの霊園などは区画の大きさを統一して石碑の大きさを決めているところもあります。
大方の人は隣接するお墓と比べて自分の所のお墓が小さい、あるいは一段低くなっているということを嫌がります。
だいたい同じような大きさになる事が多いようです。

墓石のサイズの基本と応用

墓石には、大きく分けて立型と横型があります。
それぞれ和型洋型と呼ばれることもあり、最近は横型が人気です。
全体のメインの石である竿石の大きさに応じて、各タイプに4つの標準的なサイズがあり、それに合わせて周辺の道具もバランスを考えて選びます。
寸法はメートルではなく、寸で表現することが多いです。
洋型の場合はメートルで表現する業者も多いですが、1寸は3約センチメートルなので、設計の際に参考にしてください。
区画販売の墓地では、建てることのできる墓石のサイズが制限されている、業者が予め決定していることもあります。
墓石の大きさや形には特に決まりがないので、故人の好きな物をモチーフにした形、彫刻を施したデザイン性と自由度の高いお墓も増えています。
墓が家の物ではなく、個人の物であるとする考え方も広がっており、デザイン墓や、供養スタイルの多様化が進んだ一因と言われています。
石のサイズと種類によって、価格も大きく変わります。


Valuable information

最終更新日:2018/5/21

COPY RIGHT (C) 墓石の豆知識 ALL RIGHT RESERVED