墓石の種類

墓石の豆知識

墓石にはたくさんの種類がある

墓に使われる石材は種類が豊富で、とれる場所によって色や耐久性が異なります。
主に使われる石材は花崗岩や安山岩などで、この他にも多くの石材が使われています。
花崗岩は瀬戸内海沿岸で多く採掘され、他にも茨城県や福島県などでとれます。
とれる石に全く同じものは無く、産地によって目の粗さや色が違います。
安山岩には江戸城の築城に使われた神奈川県の真鶴産のものがあり、これは小松石として今でも使われています。
そして墓石に使われる石材は日本産のものだけでなく、海外の石材も使われます。
特に現在日本にあるお墓に使われている石は中国産のものが多く、日本産の石は採掘量の関係もあり使われる機会が少なくなっています。
しかし採掘量が少ないということは、希少性が高いということでもあります。
ここから高級な石材によるお墓が作られることもあります。
どのようなお墓がいいのかというのは、その地域に合ったものを選ぶというのが大切です。
長い目で見て、長い付き合いができるものを選ぶと良いでしょう。

墓石とお墓の種類について!

墓石にも様々な種類があります。
良い石の条件としては「硬いこと」・「水を吸いにくいこと」・「長持ちすること」が良く、石の種類としては花崗岩、斑レイ岩、安山岩、閃緑岩があげられ、特に花崗石は墓石として使われることが多いです。
お墓のデザインも種類が豊富です。
日本では一般的な和型タイプが人気ですが、最近では墓地価格も高くなっているので、背が低く広さを狭くでき、親しみを覚えやすい洋風型も増えてきています。
それ以外にも自由な発想で個性的なオリジナルのお墓を作る方もいます。
丸い石にしてみたり、好きなデザインを彫ってみたり、好きな形のお墓を作ったり、強化ガラスでお墓を作ることもできます。
石材店ではオリジナルのお墓をCADや3Dシュミレーションしてお客様のご要望に沿った形の物を設計、作成しますので安心してお墓を作る事ができます。

お墓には墓石を選んだり、デザインを考えてみたりと色々な工夫をする事ができます。

pickup

最終更新日:2018/5/21


COPY RIGHT (C) 墓石の豆知識 ALL RIGHT RESERVED